第90回選抜高校野球大会 組み合わせ抽選会が迫る! 大阪桐蔭はいかに?

こんにちは~。

いよいよ野球シーズンが到来しますね~。

プロ野球のキャンプに始まり、オープン戦、本格的に始まりを告げるのは「春の甲子園」センバツ高校野球ではないでしょうか?

この大会が始まると一気にプロ野球も始まり、テレビ中継で野球を目にする機会が増えると思います。

その今年の「春の甲子園」選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が明日に迫りました!

第90回選抜高校野球大会 出場校36校

まずは、2018年1月26日に出場校が決定しましたので全出場校を紹介します!

地区 高校 都道府県 出場回数
北海道 駒大苫小牧 北海道 4年ぶり4回目
東北 花巻東 岩手 6年ぶり3回目
日大山形 山形 36年ぶり4回目
聖光学院 福島 5年ぶり5回目
関東 明秀日立 茨城 初出場
国学院栃木 栃木 18年ぶり4回目
中央学院 千葉 初出場
東海大相模 神奈川 7年ぶり10回目
慶應 神奈川 9年ぶり9回目
東京 日大三 東京 2年連続20回目
東海 静岡 静岡 2年連続17回目
東邦 愛知 2年ぶり29回目
三重 三重 4年ぶり13回目
北信越 富山商 富山 9年ぶり6回目
日本航空石川 石川 初出場
星稜 石川 13年ぶり12回目
近畿 近江 滋賀 3年ぶり5回目
彦根東 滋賀 9年ぶり4回目
乙訓 京都 初出場
大阪桐蔭 大阪 4年連続10回目
智弁学園 奈良 3年連続12回目
智弁和歌山 和歌山 4年ぶり12回目
中国 おかやま山陽 岡山 初出場
瀬戸内 広島 27年ぶり3回目
下関国際 山口 初出場
四国 英明 香川 3年ぶり2回目
松山聖陵 愛媛 初出場
明徳義塾 高知 3年連続18回目
高知 高知 5年ぶり18回目
九州 東筑 福岡 20年ぶり3回目
創成館 長崎 4年ぶり3回目
富島 宮崎 初出場
延岡学園 宮崎 12年ぶり3回目
21世紀枠
東北 由利工 秋田 初出場
近畿 膳所 滋賀 59年ぶり4回目
九州 伊万里 佐賀 初出場

大会概要

・2018年3月23日から12日間開催

・出場校36校(一般枠:33、21世紀枠:3)

・開会式司会 成松海悠(熊本:熊本一)

広瀬久実(山梨:山梨学院)

・入場行進曲 「今ありて」(大会歌)

・国家独唱 冨永春菜(茨城:水戸三)

・閉会式司会 木村太飛(青森:北斗)

・今大会から延長戦でのタイブレーク方式が導入。1回戦から準決勝まで。

延長13回に入ったら、「無死ランナー1塁2塁」とし、打順は前イニングからの継続とする。

なお、決勝戦に限ってはタイブレークを採用せず延長15回終了時に同点の場合は引分とし、

翌日以降に再試合とするが、その試合で延長13回に入った場合はタイブレーク方式を適用

する。

注目の優勝候補は? 筆頭は大阪桐蔭か!?

組み合わせ抽選会の前日(3/15)、出場36校の主将による「キャプテントーク」が大阪市内で行われ、優勝候補のアンケートが集められた。

同じ出場校のキャプテン同士で投票する中、ダントツの16票を集めたのは大阪桐蔭高校だった。

やはり同じ高校生でも、特に今年の大阪桐蔭は別格とみているのだろう。

噂では、今年の「夏の甲子園」大会は100回記念大会で一大イベントとなる予定だ。

その一世一代のイベント大会に向けて、全国各地の高校が優勝を狙ったチーム作りを計画してきていたのだ。

と言うのも、やはり優勝を狙うためには選手層のレベルの高さが必要不可欠だ!

2018年の「夏の甲子園」が100回記念大会になる、事を見越して、2年前の野球部への選手集めを真剣に取り組んできたのだ。

その中で、やはり現代の超高校級野球部である大阪桐蔭に人気も集まり選手が集まってきたと言う。

現段階では、約6名がドラフト候補選手とまで言われているほどの選手層なのだ!!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする