貴乃花親方のテレビ出演を批判する相撲協会!!

こんばんは。

最近やっと一段落した感がありますが、久し振りに相撲協会の事件について振り返ってまとめてみたいと思います。

貴乃花親方のテレビ出演は無断だった!?

今更、多くの説明をするまでもない貴ノ岩への暴力問題!

横綱の日馬富士が引退に追い込まれたり、その場に同席していた横綱・白鵬までもが多く批判される中、2018年の初場所が執り行われていました。

その一方で、貴ノ岩の親方である貴乃花親方は、協会との誓約書に文言があるにも関わらず「本場所中は番組出演など「動画撮影」の禁止」を守らず、「真相報道バンキシャ!」への録画収録をしていたのです。

双方に言い分があったり意見の食い違いなどもあるのでしょうけど、それにしても一連の行動を考えると貴乃花親方の行動はちょっとやり過ぎているのではないかと思います。

協会に対して不満があったとしても、過去も今現在も、その協会に所属をして相撲と言う競技に身を置いてきたからこそ、今の立場があるでしょう。

この事を大前提として考えると、せめて協会のルールを守る事や「報告」「連絡」「相談」と言う人としての最低限のマナーは守るべきなんじゃないかと思います。

こういった最低限のマナーを守った上で意見をしていかないと説得力が無いと感じますね。

これまでの貴乃花親方の行動は、単に幼い子供がダダをこねてるだけに見えます。

意見をしたり注意をしたりする時こそ、自分自身の行動に責任を持たないといけませんね。

テレビなどのマスコミの情報では、とても立派な事を主張しているのであれば、こういう部分は無視するわけにいかないですよね。

素直な感想として、貴乃花親方の一連の行動は残念としか言えないです・・・。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする